「未分類」カテゴリーアーカイブ

思考と直感

思考より直感を使った方がうまくいくことが多いようです〜

なぜなら、人間って実はすでにすべての答えを知っているからなのです笑

地球に生まれてくる時にぜーんぶ忘れてしまうそうです

生きていく=忘れてしまったことを思い出す作業

なんですって!

で、直感っていうのはもともと知っている内容を思い出した時の感覚に近いらしいです

「元々知っている」

が前提ですね〜

思考っていうのは分からないから色々仮説を立ててみるって感じらしい出る

「我々は何も知らない」

が前提ですね〜
また、「違ったらどうしよう」などネガティブ感情の要素が入ることで、間違った結果を出してしまうことな多かったりするみたいです

比べて直感は感情に左右されないのでいつも一定の答えを導き出せますね〜

だから、

「わたしは元々全部知っている」

と自分を信じて生きていくと直感が磨かれやすいのかもしれない〜

なんとなく思ったことをシェアしてみました笑

ADHDの治し方

※この記事はADHD診断済み・未診断問わず当事者の方向けの記事です
※この考え方が全てだとは思わないでください。あくまで考え方の一つだと捉えていただき、必要な方のみ必要な部分のみ受け取ってください。
※スピリチュアルな要素を含みます。

実はこの記事、ADHDって治さなくてもいいんでない?むしろ伸ばすべきじゃね?
っていう記事です\(^o^)/
「ADHDを治さないといけない」と思っている人に読んでもらいたくてわざと目を惹くタイトルをつけちゃいました

ごめんね?笑

ではでは記事に入ります〜

まず、私の体験談をお話しします
わたしはずっと、普通になれないことが悪いことだと思ってました。

20歳で家出をしてから生活費を自分一人で稼ぐ必要がある、という
「現実」
がありました。
(誰にも頼れませんでした、)

生活費を稼ぐには会社やお店など何かしらの
「組織」
に入る必要があり、
「組織」でやっていくには「普通」であることが求められました。

みんなみたいに

・じっと待つこと
・嫌なことを我慢すること
・直感でなく良く考えてから動くこと
・何かをするとき「何故そうするのか」「何故そうなったのか」を明確に説明できないといけない
・何かしたいときは「上司」に確認しないといけない。上司に反対されたら理不尽だと思ってもそれをしてはいけない
・休みたくても休んではいけない
・分からないところは聞かないでまず自分で考えないといけない

ができないといけないと思ってました。
でもわたしには出来なかったので

「何故普通にしていられないのか」
「なぜ迷惑ばかりかけるのか」

と怒られまくってました。

自分としては迷惑かけようと思ってやってることではないのに、
結果として誰かの迷惑になっちゃってたみたいです\(^o^)/

というわけで、
お金を稼ぐため
組織でうまくやっていくために
22歳の時、ADHDを直そうと決めました。(現在はアラサーです)

そこから
・心療内科に通院
・コンサータを飲んでみる
・自助グループに参加してる
・サプリメントを飲んでみる
・就労支援施設で相談してみる
・発達障害者向けの転職支援を専門としてる会社に話を聞いてみる
・本やネットでADHDの情報を集めてみる

色々しました。

結果、コンサータを飲んでADHDの症状を抑える、というのがわたしには一番効果がありました。
具体的な効果は下記の通りです。

・嫌なことを我慢できるようになった
・なんにも考えてなかったけどいちいち考えられるようになった
・考えた結果ケアレスミスが減った
・今までなんとなく、で行動してたから
「なんでそんなことしたの?」って言われた時「なんとなく」としか言えなくて、みんなに怒られてた。でも、投薬した結果色々考えるようになってなぜ行動したかが言えるようになったので怒られなくなった。怒られないから自信を持って行動できるようになった。
・自信を持って行動できるようになると仕事がどんどん出来るようになった。

です。
組織で生きていく、という視点で見るとものすごーく生きやすくなりました。

※ただ副作用で吐き気、全身が異様に興奮するのですっごく疲れる、などがありました。

こっからが本題です。

じゃあ、それを

「組織で生きていく」

という視点から

「自分自身の人生を生きていく」

という視点に変えた時、
大事なことに気が付きました。

わたしの人生全部我慢してる!!
わたしのやりたいこと押し込めてる!!!

わたし、
組織で生きていくこと、
お金を稼ぐことだけ考えて自分を殺してました。

そんな人生って生きてる意味あるんだろうか?

たしかに生きていくにはお金が必要、
だから組織で馴染むことも必要だけど、
じゃあわたしは何のために生まれてきたんだろうか?

ここからスピリチュアルな話に入ります。

人間ってそれぞれミッション(地球でやりたいこと)を抱えて地球に生まれてきているそうです\(^o^)/

そのミッションに合わせて

「スポーツが得意な人」
「芸術が得意な人」
「計算が得意な人」

などその人特有のものを持って生まれてくるそうです。

ということは、わたしのミッションは

「人と違うこと」

をする事にあるのかもしれない。

なのにコンサータを飲んで無理に人に合わせてたらこの体無駄にしてることにならないかな?

嫌なことを我慢できないからこそ、飽きやすいからこそ、じっとしていられないからこそ、考えすぎないからこそできることってあるんじゃない?

逆にそれって自分の心に素直で、好きなことにたくさん自分のエネルギーを注ぎ込むこと長けていて、好奇心旺盛でいろんなものに興味を持てて、行動力があるってことじゃない?
おまけに待つのが苦手ってことは待たなくても夢が叶いやすいってことじゃない?

そう考えると、わざわざその可能性を「コンサータ」を飲むことで潰している自分がバカバカしく思えてきました\(^o^)/

「生活費」という観点からすぐに自分のやりたいことだけに切り替えるのは難しいけれど、これから徐々にやりたいことが出来るような生活に変えていこうと思います。

ADHDを治療するのではなく、活かす方法を模索して記事にしていく予定です❤️

その体験記をリアルタイムでこのブログに書こうと思います✨

必要な人の光になれればいいな、
自分もありのままを生きていいっていう希望になれればいいな、そんな思いを込めて。。。

最後までお読み頂きありがとうございました(*´ω`*)

私流人たらし術

先日人たらし道免許皆伝 (誰にでも、自分を大好きにさせてしまう方法)というキャッチーなタイトルの本を読みました。

文字通り人たらし=コミュニケーションを円滑にするためのノウハウが、著者の体験に基づいて書かれています。
読み進めていくと読んでいて著者の暖かい、まっすぐで思いやり溢れる性格が感じ取れてとても楽しい本でした。
(※ここでは詳細は語りません。気になる方は本をチェック!)

でね、この本を読んだあたりからか、コミュニケーション障害ってか対人恐怖気味だったのち、色んな方からご飯のお誘いを受けるようになったのです!
その時に私が意識した、私流の人たらし術をシェアします。
(若干上記の本に感銘を受けた内容です)

・常に誠実である事。
嫌なことは嫌っていう。何かしてもらったら遠慮なくありがたく受け取ること。
・相手のことを素敵だと思ったらそれを口に出して伝えること。
・自分が好きと感じる人だけ関わること。
・好きな相手に好きって伝えること。
・自分の機嫌を自分で取ること(他人に機嫌取りをさせないこと、求めないこと)

です(*´ω`*)
これ、なんだかめっちゃ効果あります!
特に相手にあなたが好きですって伝えるのっは物凄い成果がでます笑
やっぱり、人から好意を持たら嬉しいですよね?私も嬉しいです。
なので、人が喜ぶことをどんどん言うと自分も一緒に嬉しくなってきて、よりいい関係が築けます!
(ただ、嘘をつくのは絶対ダメです。好きじゃない人に好きっていうのはいずれバレるか、相手に恨まれますのでやめましょう笑)

新生活でコミュニケーションに悩んで居るみなさん、ぜひぜひ試してみてくださいね
最後までお読み頂きありがとうございました😊